2016年02月

2016年02月29日

図書館で借りやすい英語絵本、洋書 Frog and Toad シリーズ☆長女が洋書に手が出た理由

こんにちは。チャンディです。

現在長女6歳。長男3歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

現在のわが家の子たちの様子、オンライン英会話の風景動画なども紹介しています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ





長女は小学校1年生。

先日まで、国語の授業でアーノルド・ローベルさんの「がまくんとかえるくんシリーズ」の「お手がみ」というお話を習っていました。

(教科書は教育出版です。)

「音読」の宿題もしばらく「お手がみ」でした。

長女も、何度も読むこのお話。チャンディも何度も聴くこのお話。

毎日読んで、穏やかで優しいお話を気に入ったようでした。

「他にもカエルくんたちのお話が入った絵本があるんだよ。今度借りてみようか。」

なんて話し、図書館に行ってきました。

もちろん日本語版もありますが、

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)

中古価格
¥476から
(2016/2/29 10:56時点)



ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本)

中古価格
¥505から
(2016/2/29 10:57時点)



ふたりはいつも (ミセスこどもの本)

中古価格
¥116から
(2016/2/29 10:57時点)


ふたりはきょうも (ミセスこどもの本)

中古価格
¥620から
(2016/2/29 10:58時点)



英語版も全部ありました♪

Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)

新品価格
¥321から
(2016/2/29 11:04時点)



Days with Frog and Toad (I Can Read Level 2)

新品価格
¥318から
(2016/2/29 11:05時点)



Frog and Toad Together (I Can Read Book 2)

新品価格
¥360から
(2016/2/29 11:05時点)



Frog and Toad All Year (I Can Read Book 2)

新品価格
¥333から
(2016/2/29 11:09時点)




長女は日本語の本は日々、十分に読んでいると思ったので、せっかくなので洋書のほうを借りてみました。

とても読みやすかったようで、4冊、20個のお話を1~2日であっという間に読んでくれました♪

長女はあまり自分から洋書を手にすることは少ないです。

こちらが読んで欲しい本を渡してすんなり読んでくれるタイプではありません(笑)。

でも今回は喜んで読んでくれました。


今回喜んで洋書を読んでくれた理由として考えられること。

長女にとって

☆知っているシリーズの話であったこと

☆内容が穏やかであったこと


が考えられます。

翻訳されたのがだいぶ昔だったので

"Don't be silly!"が「ばからしいこというなよ!」

という馴染みのない言葉になっていて、そういうところも楽しんでました。

ちなみにチャンディも読みましたが、評判通りとっても良かったです。

長女好みの穏やかなお話だというのがわかっている状態だったので、どんどん読めたんだと思います。

そして、

☆かんたんな英語で表現されていること

☆行間が広いこと


チャンディも読んで見ましたが、文章量は多いけども、難しい単語や表現があまり使われていません。

さらに、文と文の行間が広いのも読みやすかったみたいです。

長女は日本語の本でもそうなんですが、

「行間」が広いとスラスラ読みます。

低学年用の児童書などは、行間が広いので、チャンディもたまに長男に言われて児童書の

読み聞かせもしますが、10分程度で読めますからね。

長女もだいたいそれぐらいで読んでいます。

昨日も低学年用の児童書を30分で3冊~4冊読んでいました。

ちょっと背伸びしてるかな?という少し行間が狭く文字が多い本を借りても、あまり長女の手が伸びないので(笑)、

今の長女には行間が広い児童書や洋書が心地よく読めるのだと思いますし、彼女にとって必要な貴重なステップなのだと思っています。

日本語でも文章が中心である「児童書」に存分になれた状態であったこと、

オンライン英会話のReadingレッスンのお陰で英語を読むことに対して抵抗が少なかったことから


こちらの絵本シリーズもすんなり読めたのだと感じます。

そう考えると、

長女の場合は「洋書」を楽しめるようになるのに「和書」の読書も関係しているような気がします。

こちらのシリーズを気に入った素地を考えると

☆日本語版のお話を何度も「音読」していたこと(授業と宿題で)で、本人が楽しみたいお話であったこと。(読みたい気持ちの問題)

☆オンライン英会話のレッスンで英語が読めるようになっていたこと(英語を読む技術の問題)

☆文章が中心の日本語の児童書を毎日楽しんでいたこと(忍耐力、集中力、読解力の問題)

つまり、3つのうち2つは日本語の活動に関係していますね。

日本語の読書と英語の読書、どちらにも良い影響が出ている気がします。

洋書を気に入ったら、

朗読CDもありますね。

Frog and Toad CD Audio Collection (I Can Read! - Level 2)

新品価格
¥1,278から
(2016/2/29 11:18時点)




すべてのお話20話が入っています。

薄いペパーバックが4冊入ったBoxセットはこちら。

Frog and Toad and Friends Box Set (I Can Read Level 2)

新品価格
¥2,529から
(2016/2/29 11:02時点)


CDと絵本も一緒に入っているコンプリートシリーズはこちら。プレゼントにも喜ばれそうですね♪




少し画面が悪いですがYoutubeのアニメーション動画、朗読動画もありますよ。









   


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ









2016年02月26日

中古DWE ジャンク品のトークアロングカードはどう使ったか?フラッシュカードは悪なのか?

 

こんにちは。チャンディです。

現在長女6歳。長男3歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

現在のわが家の子たちの様子、オンライン英会話の風景動画なども紹介しています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ






我が家はディズニー英語システムを中古で購入しています。
 


それぞれの商品を使ってみての我が家の感想を書きたいと思います。

ディズニー英語システム 買ってよかった中古DWE その1 プレイアロング 


DWEの中古 その2 意外と安い レッツプレイ Let's play!

中古DWE 意外とよかった!教材→海外子供番組へのステップにおすすめ。Zippy and Friends


中古DWE かけ流しからのリクエストが多い ストレートプレイDVDの感想

中古DWE DWE絵本(DWEブック) 単語が易しくて読みやすいので英語苦手なママの読み聞かせにも子どもの自力読みにも良い♪ 

中古DWE たった3000~4000円で活用度、運用度が高い!昔のメインプログラムCD!秘密は◯◯を使うこと!

中古DWE シングアロングを格安で楽しむ♪1冊1000円程度で購入可能!

中古DWE 我が家のシングアロング活用において使わなかったもの

我が家がストレートプレイDVDを購入した時に、

シングアロングDVD&絵本、プレイアロングDVD&CD&リリックス、Zippy and His Friends10枚

など色々とついてきました。

その中には

トークアロングセットも!



しかし!

こちらはプレイメイトが壊れてました(笑)。

もちろんオークションで注意書きに「プレイメイトは壊れています」とちゃんと記載してありました。

直せば使えたかもしれないんですが、

我が家ではカードだけ使いました。

そして、、、、

短期間だけカードフラッシュっぽいことをしてました。

チャンディの下手な発音ですが、ストレートプレイDVDや歌のプレイリストを聞いていいるので、

少しぐらい下手な発音でも良いかなと思いました。

ちょうどDWEを楽しんでいたころ(といってもストレートDVDとDWE絵本、シングアロングぐらいですが)。

Blueを楽しんでいるときはBlueのカード、Greenを楽しんでいるときはGreenのカード。

というように一日数十枚、暇な時にフラッシュカードみたいに単語と例文をチャンディが読み上げました。

しかし!

続きませんでした(笑)。

1ヶ月もやっていません。。。

多分、Greenまでで終わっています(汗)。

チャンディはこういう取り組みって、そんなに得意ではありません。

気づいたら忘れちゃうのです(笑)。

トークアロングカードが必要かどうかは、お子さんによると思います。

DVDや絵本だけでスムーズに吸収してくれる子なら、要らないかなと思いますし、

それだけでは理解してない?と思われるお子さん(長男はこっち)には有効だと思います。

DVDと絵本に連動したカードですから

理解の助けになると思います。

長女はどちらかというと前者でDVDとや絵本で吸収する子だったのですが、

当時は全く読めなかったので、

DVDや絵本で知っている単語や表現ばっかりだったから、

絵と文字を一緒に見ることで

もしかしたら読みに貢献してるかもしれないですね。

答えさせたりしていないので、役に立ってるかどうかわかりません(汗)。



基本的にチャンディのスタイルは環境と情報を与えるけども、答えは求めてないんです。

我が家の子たちは無理やり反復させたり、答えさせたりがそんなに好きではないので。

クイズ好きな子は答えてくれるかもしれないですね☆




フラッシュカードってよく批判されますが、

本当、一瞬で終わるし、目くじらたてて「子どもに良くない!」と言うほどのこともない気がします。

ただ、お子さんが小さい場合であくまでやり過ぎた場合は色々と問題が出たりするそうですね。

フラッシュカード漬けになったお子さんが情緒不安定になったというのはたまに聞きますから。

あと、長女が2歳のときに七田の教室の体験に行った時は、

どんどこフラッシュカードめくりを先生がされたので、チャンディも疲れました。。。

お教室では週に1回ぐらいだから刺激があって良いと思うんですが、

あれを毎日されたら疲れるお子さんもいらっしゃるとは思います。

ただ、普通に生活されている方であそこまで徹底できる人って少ないと思うんです。

(そんなことないのかな?チャンディがめんどくさがりやだから徹底できないだけ?)





チャンディもせいぜい20枚程度、時間にしたら3分程度を一日1,2回しかフラッシュできませんでしたし、

結局LimeやYellowのカードのフラッシュをする前に、気づいたら辞めてたので(笑)。

なんとももったいないトークアロングカードの使い方ですが、

ジャンク品といえど、少しは使いたかったのでこんな感じでかる~く使いました!

長男はDWEのBlueを良く聞いているので、Blueのトークアロングカードも少しフラッシュカードをやっていますが、まぁ普通に見ています。

長男はどちらかというとDVDや絵本だけでは理解しているのかよくわからないので、

カードの取り組みは理解を助けるものになるのではないかと思っています。


気をつけているのは、遊びの途中とかではなく、家に帰ってきてすぐとか、

食事のあとすぐとかにパパっと一瞬で終わらすことですね。

普段の生活を圧迫しないようにしたいなと思っています。

メインプログラムCDとDWE絵本のセット、またお買い得なのが出てますね☆↓




中古でOKな方はこちらのショップとオークションが便利です!

安く買える楽天市場店
教材リサイクルショップママガレ
Swing Kids
キッズセカンズ



   


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ









2016年02月25日

「英語教育によって疎くなる日本の子どもの定番」に触れ、「英語で好きなテーマを学ぶ」のにいい影響を与える♪ドラえもん ふしぎ探検シリーズ


こんにちは。チャンディです。

現在長女6歳。長男3歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

現在のわが家の子たちの様子、オンライン英会話の風景動画なども紹介しています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ





○○が苦手な理由は英語のせい?と思われてしまうこと 半分は納得の理由

でご紹介した

「英語教育」をすることによって幼児期に我が家が諦めたこと。

それは

日本のテレビ番組、および、そこから流行るもの、時事など

です。 (他にもあるので、また紹介します。)

英語の取り組みのために幼児期に日本のテレビ番組、流行りもの、時事を諦めた経緯 その1 幼稚園年少「七夕の願い事」

英語の取り組みのために幼児期に日本のテレビ番組、流行りもの、時事を諦めた経緯 その2 お正月休み

英語の取り組みのために幼児期に日本のテレビ番組、流行りもの、時事を諦めた経緯 その3 妖怪ウォッチブームで寂しい思いをする


そう、テレビで英語を見ていると必然的に日本語のテレビを見なくなります。

幼稚園時代はそれでもそこまで気になることはなかったのですが、

小学校に入るとさすがに子どもたちの一般常識になっていることが多く、

会話のネタや遊びの内容、レクリエーションのクイズなどになったりと影響が大きいです。

その常識を手に入れることができ、しかも、勉強になり、英語教育にも良い影響を与えるものをご紹介します☆

それは

日本のアニメのキャラクターが教えてくれる

学習漫画シリーズ☆

です!

続きが気になる方は

「続きを読む」

をクリックしてお読みください♪

ランキングバナーを押してもらえると嬉しいです。 


にほんブログ村 
  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ 


 
英語育児 ブログランキングへ

  
 



続きを読む

2016年02月24日

「英語教材」だけでは足りないものとそれだけでは継続が難しい理由

 

現在長女6歳。長男3歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

ブログには書かない個人的なことも少し書こうと思っています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪ 


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ



先日の教育アドバイザーさんのお話。

男の子は英語教育の成果が見えにくい?成果が見えなくても続けた方が良い理由

1日30分ほどスキマ時間だけでも英語を聴く素地だけ作っておくことを最低限しておけば、

将来ぐーんと伸びる可能性が広がるということをお伝えしました。

これは本当に納得です。

大人のチャンディでさえ、英語教育を始める前より英語が聞き取れるようになってきていますからね。

そのアドバイザーさんはそのスキマ時間に聴く英語に「英語教材」を使われました。

ただ、ソースが「英語教材」だけなのはちょっと物足りないなと思っています。

チャンディは子どもたちにバイリンガルになってほしいと思って英語教育を始めたわけではありません。

長男(弟)が産まれて行動に制限が出来たり、前よりも相手ができなくなったことがきっかけで

長女が寂しく感じる時間を将来使える英語の時間にして「有効利用」しようという

のが当初の目的だったんですね

じゃあ「教材」を聴かせるだけで良いのではないかと思われる方もいらっしゃると思います。

でも、長女の英語教育ではWKEを修了後、DWEと並行して

☆ネイティブ圏の動画(DVD, YouTube動画など)
☆洋書
☆オンライン英会話

を取り入れました。

なぜか????

続きを読むからどうぞ↓

続きを読む

2016年02月23日

男の子は英語教育の成果が見えにくい?成果が見えなくても続けた方が良い理由

 

現在長女6歳。長男3歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

ブログには書かない個人的なことも少し書こうと思っています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪ 


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ



先日の記事を振り返って、


その後頂いたコメントや同じような経験をされている方のブログ記事を読ませていただき、

とても勇気づけられています♪

「続けること」は意味があると改めて思いました☆

ありがとうございます。

(ブロガーさんには直接お礼を伝える術がないのでこの場を借りてお礼させていただきます♪心当たりのある方は感謝の気持ちを受け取ってください♪)

色んなブログを参照していて、もちろん個性の差もあると思いますが、どちらかというと

英語ブログをされている方を見ていても環境を整えればあとはぐんぐん自分で伸びていくタイプのお子さんは女の子のほうが多いのかなぁという印象です。

もちろん男の子で得意なお子さんも沢山いらっしゃいますよ!

ただ、言語を司る脳の構造が男女で差があるそうです。

All Aboutの記事です。良かったらお読みくださいね☆

男の子と女の子の違いってあるの? All About

ただ、単純に男の子と女の子に差があるというのはあくまで平均してというのであって、

言語やコミュニケーションに強い男の子もいるし、男の子が得意な分野が得意な女の子もいると思います。

いつも読ませて頂いているブロガーさんのお子さんはお姉さんと弟さんで弟さんのほうが英語が得意そうだなという印象です。

その辺り、個人差はありますよね。

ただ、長女は一切興味を示さなかった電車や車にあんなにハマっている長男をみると

我が家の子たちの中では、男女差ってあるよなぁと感じています。

我が家も明らかに長女のほうが英語を始め、日本語に関しても言語能力が優れているなと感じますが、

だからといって長男の英語に悩むことはありません。

そして、これから先、ずっと続けていくつもりです☆

というのも、数年前ある方の講演の内容がずっと心に残っているからです。




数年前に、ある有名な教育アドバイザーの方の講演を聞きに行きました。

割りと有名な方で、チャンディも何度か講演に参加させていただいておりますが、

「天才を育てる!」

というような非現実的な内容ではなく、

「読書」や「家庭学習」の大切さ、そしてその具体例なども教えて下さる

とても素敵な方です。

その方の影響でこちらの図鑑を購入したぐらいです。

活用していますが、本当に買って良かったと思います☆





その方のお子さんのお話と英語教育についてもお話くださいました。

そのお子さんはもう高校生ぐらいになっておられると思うんですが、

中学の英語はとても成績が良かったそうです。

現在は英語のテストといってもリスニングも重視されるそうで、

「差をつけられるのはリスニング!」

とおっしゃっていました。

お子さんは、リスニングはいつも満点だったそうです。

実は、アドバイザーの方はお子さんが小さいころからあることを習慣にされていたそうです。

続きは「続きを読む」からどうぞ♪

以下、ランキングバナーを押してもらえると嬉しいです。





  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ




続きを読む