2016年05月

2016年05月30日

ひらがな、カタカナ 小1の時点でどこまで予習しておいたほうが良いか?「書く」ことに対して抑えておいたほうが良いポイント

現在長女7歳。長男4歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

ブログには書かない個人的なことも少し書こうと思っています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪ 


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ





本日も、英語とはあまり関係のないネタですが、「国語力」についての記事です。

本日は「書く」ことについて。

色んな方の教育ブログを拝見していると、基本的に、

「入学時に読めて書けるのは当たり前。それより一段階上のことに取り組んでいる」

お子さんが多いですよね。

確かに優秀で勉強好きなお子さんというのは存在しますし、

地域によってはそれが当たり前のところもあると思うんですが、

我が家の長女のように、そんなに勉強好きではない子もいると思うんです。

ただ、必ずしもそれが「優秀ではない」「頭が良くない」ということではないと思うんです。

ほかのことに興味があって、エネルギーの方向が違うだけだと思っています。

取り組みたいけどもうまくいかない、なかなかそういった勉強的なことが進まなくてお悩みの方も多いと思います。


「書くことに興味がないようだけど、どこまで取り組んでおけばよいのかな?」

「いくら家で勉強してもいつまでたっても何も見ずに書けない!!!」

「勝手に書けるようになったみたいだけど、そのままで良いのかな?」

と思ってらっしゃる方の参考になればと思います。




以前の記事

ひらがな、カタカナ 小1の時点でどこまで予習しておいたほうが良いか?「読み」は問題ないようにしておくほうが良い♪



小学校入学時点で

「読む」ことは問題なくしておいたほうが良いかなという感想を書いたんですが、

これもあくまでチャンディの感想であって、別に絶対ではないと思っていますので参考程度に読んでください。




「書く」ことについては、お子さんの興味によって幼稚園時代にかなり差がつく部分だと思います。

3歳ぐらいで勝手に書いてしまう子もいるし、5,6歳になっても興味が出ない子もいるようですね。

読みは完璧なのに書かない子、読みは完璧じゃないけども書きたがる子。

色んなタイプのお子さんがいらっしゃるようです。

長女は、ひらがなやカタカナの読みは完璧でしたが、5歳になっても書くことに全く興味がない子でした。

現在4歳の長男は読みは完璧でないけども、書く取り組みが絵を描くことよりも好きなようです。

チャンディは、小1入学時点でひらがなやカタカナを何も見ずに、きれいに書くことは必須ではないと思っています。

ちなみに幼稚園年長さんのときに幼稚園でひらがなの時間があったので、

長女は見本を見れば書けましたが、見本がなければ書けませんでした。

でも、学校の授業でかなりじっくり取り組んでくれるので、あっと言う間に書けるようになりました。

正直、授業参観のときに、一つの文字だけでこんなに時間を割くんだ。。。。

と驚きましたから。

入学前に無理に猛勉強、テストのような確認はしなくて良かったんだと思いました。

逆に完ぺきに書ける子にとっては性格によってはとても退屈な授業かもしれないですね。





ただ、完璧である必要はないと言っても抑えておいたほうが良いポイントはいくつか感じました。


一つ目は

持ち方!

変な持ち方のまま癖がつくと、手が疲れてしまうんですね。

長女は今でも、少し持ち方に癖があって、「書く」ことがそんなに好きではありません。

一応正しい持ち方は学校でも説明してくれるんですが、いつのまにか崩れてしまうことも、、、

やはり定期的にちゃんと見てあげた方が良いかもしれません。

我が家はプニュグリップ

クツワ STAD プニュグリップ RB007

新品価格
¥87から
(2016/5/30 11:55時点)




三角鉛筆

北星鉛筆 かきかた三角鉛筆2B 6本入り 33352

新品価格
¥383から
(2016/5/30 11:57時点)




などを現在も使っています。

運筆力がまだ低い低年齢のお子さんにはこちらの濃い三角鉛筆が良いですね♪

こどもえんぴつ6B

新品価格
¥298から
(2016/5/30 11:57時点)




あと、ダブルクリップを鉛筆に挟んで、取っ手と取っ手の間に人差し指を入れるという

矯正する方法もあるみたいなので、家ではたまに使っています♪

日本クリノス ダブルクリップ 小 19mm 10個入x10パック WCL-3-10

新品価格
¥589から
(2016/5/30 12:02時点)





正しい持ち方を身に着けて、書くことが苦にならなければいいなと思います。




二つ目は

書き順!

これは、特に低年齢から勝手に書き始めたお子さんは要注意らしいです。

実際お友達でかなり早い段階で書き始めた子がいたんですが、親御さんが追い付かないぐらいに

勝手にどんどん真似して書いていたため、書き方や書き順がかなり適当なままになってしまったらしいんです。

「ちゃんと書き順を教えてあげればよかった」

というママの声も聞いたことがあります。

長女は勝手に書き始めることはなかったのですが、長男はわりと真似して書いたりしてしまうため、

こどもちゃれんじやワークを使って正しい書き順を学んでもらっています。

数字は読めるので、ちゃんと順番通りに書いてくれます。


ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ



ワークだいすき!アンパンマンのあいうえお

新品価格
¥918から
(2016/5/22 00:22時点)



ワークだいすき!アンパンマンのもじとかず―4・5・6さい

新品価格
¥918から
(2016/5/22 00:22時点)



インターネット上にもひらがなが練習できるプリントが沢山ありますので、

そちらを使っても問題ないと思いますが、


長女は普通のワークやプリントでの文字練習が苦手だったため、

こちらを使いました。

Amazonや楽天でも↓でご紹介しているもの以外は中古でしか出ていないみたいですね。





正しい書き順と感覚を楽しく習得できます。

プリントはあまりやってくれなかった長女ですが、これらはみぞがあるから楽ちんだったそうです。

すらすらかけちゃうので、楽しいと言っていました。

消すと何度でも使えるので、また長男のために消そうと思います。

ということで、

☆持ち方

☆書き順


だけは無理がないように取り組んでおいたほうが小1時の親御さんのイライラが軽減するかもしれないですね♪



もちろん、書くことが好きなお子さんは、

聞いて文字を書く練習

きれいに書く練習

漢字の先取り


などをしても良いと思います☆

ただ、学校や宿題で再度やらないといけないので、無理して先取りしても二度手間になるだけかもしれないので、

嫌がる子には無理やりしないほうが良いかもしれないですね。

あくまで無理のない範囲で☆

どこまで先取り、予習したほうが良いかはお子さんによって違うと思いますが、

あくまで我が家の長女が1年生を経験して思ったことは



☆持ち方が気づくと崩れていた!
 
 変なところに力がかかって書くことがしんどかったらしい。
 
 ちゃんと定期的に持ち方を指導してあげればよかった!




☆書き順に関してはやっていて良かった!
 
 きれいさはともなく、書き順は間違えたことはなかったので、

 注意する回数が少なくて済んだ!




☆無理やり完璧にしなくても学校に入ってから練習時間が沢山あり、

 あっという間に見ずに書けるようになったので、

 嫌がるのを無理やり確認したりテストをしたりなど、時間とストレスがかかることをしなくて良かった!


という感想です。

ただ、あくまで公立小学校で感じた事なので、私立や国立の小学校だとまた違うかもしれないですね。



あくまで「個人の感想」なので、

「全然やらなくて良かったよ!!」という方も「完璧にしておいて良かったよ!」という方も

沢山いらっしゃると思います。




まぁ、我が家の長女は「書く」のが好きではなかったため、

そういったお子さんがいらっしゃる方の参考になればと思います。





実は、入学前の取り組みとして、そこまでの後悔はないんですが、

小1のときにやっておけば良かったと思っていることがあります。

また次回にでも♪






  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ



























2016年05月25日

4歳2ヶ月 英語を話さない長男ですが、週3のレッスン開始♪

現在長女7歳。長男4歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

ブログには書かない個人的なことも少し書こうと思っています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪ 


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ





今日は久々にお仕事がお休み♪

フルタイムで働いているママさんたちって本当にすごい。。。。

さて、本日は、英語をそんなに話さない長男のオンライン英会話の様子について紹介したいと思います。






現在7歳の長女は4歳前からオンライン英会話を始めたのですが、

4歳当時からおしゃべりだった長女に比べ

長男はそんなに話しません。

というかチャンディも語り掛けなどもあまりできておらず。。。。

習慣になっているのはテレビとかけ流しだけなので(汗)。

そりゃ話さないだろうなぁという感じなんですね。

でも、特に幼児期のうちにペラペラにならなくても良いかなと思っています。

大切なのは「続けること」「環境を提供し続けること」。

何が話せた、何が読めたとかは全く気にしていません。

二人目の長男の子育てを通じて感じることは

「いつのまにか」

できるようになっていることが多いこと。

目標に向かって頑張って「やった!できた」というのが少ないです。

着替えとかの生活面もひらがな読みも、鉛筆の持ち方も、自転車の補助輪外しも、、、、

よく考えたら全然苦労してない。。。。

5月からサッカークラブに入会したんですが、

いつのまにか練習時間は全く手を使わずになってますし、

ドリブルも上手にしてるし、

1時間の練習に「疲れた~」と泣き言をいうこともなくなりました!

もちろん、チャンディのなにもしてないわけではないんですよ。

それぞれのことが取り組みやすい環境づくりだけはしていますが、

なんか二人目だからか、「成果を期待して待つ」というのがあまりなくて、

バタバタ忙しくしていたら、周りの子と比べる余裕もなく、焦ったり気にしている暇もなく、、、

いつのまにかできるようになっていて

「あれ!いつのまにかできてる?おぉ!すごいね!」

という感じなんですよ。

確かに、同じころの長女に比べたらいろんなことが、遅れているとは思いますが、

あんまり気にならないです。

それに長男は長男の良いところが沢山あって♪

そういうところを伸ばしてあげたいので、そこまで英語は頑張らなくていいかなぁとすら思っています。




ただ、やはり「環境」だけは与えてあげたいと思っているので、

最近週に25分×3回のレッスンを定期的に受けるようになりました。

時間は長女の家庭学習タイムの夕方。

ワイヤレスヘッドセットをつけてレッスンを受けてもらっています。

我が家の愛用ヘッドセット。




長男は、4歳前から、

「僕もレッスンしたい♪」

と自分から言ってくれるようになり、

不定期ではありますが、これまでの長女のレッスンの時間を借りてゲームなどをしてもらっていたので

一人でレッスンを受けることに全く抵抗がなく、25分一人で受けてくれています。

これはとても助かりました。

そして、長女はわりと話せてしまった分、4歳当初から脱線が多く、

25分ではやってほしいことの半分も終わらないことが多かったんですが、

長男は脱線したくてもそこまでの英語力がないため、25分でちょうど良い調子。

わりと先生のペースで進めてくださるので

見ていてハラハラすることはありません。



とこういう風に書くと、とても素直な男の子なんだなぁと思われるかもしれないんですが、

長女ほどではないにしても、長男もそこまで従順なタイプでもないので(笑)。

気持ちよくレッスンを受けるにあたって、彼が出す条件があります。

一つ目は

☆長女のレッスンで話したことがある先生

やっぱり、新しい先生は緊張するから嫌みたいです。

長女の先生はみんな優しく、長男のこともかわいがってくださるので、

長女のスクールで始めました♪

そして二つ目は

☆半分以上は楽しいゲームであること

長女と同じくコースブックはNG。

チャンディもあまり幼児が「英語を学ぶ」ことにこだわっていないので、

コースブックは我が家の子たちには要らないのかもなぁと思っています。

まぁ長女の幼稚園時代は、少しのリーディングとゲーム、フリートークが中心でしたし。

レッスンで簡単な絵本をマテリアルにし始めたのも4歳半なので、

長男も今は全てゲームでもいいかなぁと思っています。

でも、始めたからには「今日はやっぱりレッスンやらない」というのはなしにしています。

「やっぱりやめるはなしだよ。週に3回絶対するよ。

それでも〇〇(長男)も、ちゃんと英語のレッスン始める?」

と聞いてそれでも

「する!」

と言ってくれたので、頑張って欲しいなと思います☆



始めてみて、思ったこと。

「いつのまにか英語わかってる!!」

ということ(笑)。

出た、また「いつのまにか」。


もちろん、わからないことも多いみたいですし、話すのも単語単位のことが多いんですが、

たまに文章(といっても3,4語のもの)話しているし、

何よりも先生と意思疎通しています。

もちろん、先生方が長男のレベルを理解してくださっていて、

ものすごくわかりやすい言葉を使って話してくださっていることが大きいと思いますが、

最初のステップとしてはそれで充分♪

長男も先生が操作をミスしたときなんかに

”Oh! What are you doing???"

とゲラゲラ笑いながら突っ込んでいます。

関西弁で「何してんの~?」

という愛のある突っ込みのつもりかしら。

あと、長女と違ってあまり動かないです!

意外と集中力があるのね。

とにかく、英語が話せなくても、すごく楽しんでくれています☆

長女と長男の好みも違うため、また幼稚園のお子さんが喜んで先生と取り組めるサイトなどを色々と紹介できそうです♪

また、長男のオンライン英会話の内容をご紹介したいと思います☆

お子さんにも評判の良いオンライン英会話はこちら♪

簡単!わかりやすい!DMM英会話
こども専門オンライン英会話ならリップルキッズパーク
子供向けオンライン英会話 hanaso kids(ハナソ キッズ)
子ども専用オンライン英会話
こども用オンライン英会話の「キッズアイランド」

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ



語育児 ブログランキングへ




2016年05月24日

ひらがな、カタカナ 小1の時点でどこまで予習しておいたほうが良いか?「読み」は問題ないようにしておくほうが良い♪

現在長女7歳。長男4歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

ブログには書かない個人的なことも少し書こうと思っています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪ 


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ





本日も、英語とはあまり関係のないネタですが、「国語力」についての記事です。

関係ないようでいて、英語と国語はものすごく関係していると思います。

今も、小2の長女は毎日漢字の勉強は欠かしていません。

計算と漢字は英語と一緒で毎日少しずつでも取り組まないと、すぐに忘れてしまうらしいです(汗)。

1日忘れたら、取り戻すのに2~3日かかることを覚悟したほうが良いとか(驚)!!

もちろんお子さんによると思いますけど(汗)。

我が家の長女は、毎日取り組んだほうが良いタイプだろうなぁ。。。と思います。

チャンディもあまり勉強勉強とうるさく言いたくないんですが、

「計算」と「漢字」だけは少しだけでも取り組んでもらうようにしています。

その他にやりたいこと(読解系、思考力系、知識系、文章題、語彙の強化等)は毎日ではないけども、

定期的にという感じです♪

英語は娯楽は毎日少しずつ。


あと、週3,4回のレッスンにて少しだけ勉強的要素(ReadingやScience)は含まれているかな?

KUMONのワークも最近は週に1回できたらいいほうかなというところ(汗)。

はっきり言ってあまり英語教育に力を入れられてないですね~。


優先度はかなり下がってます。

まぁ、でもとりあえず「続けてる」という感じ♪





以前、記事にもしましたが、

(過去記事 小2 長女の漢字学習で感じたこと その1 英語が得意な子は漢字が弱い? )

よほど優秀なお子さん、もしくは漢字にはまったお子さんでない限り、

英語に触れる時間が多いお子さんは、

「日本語での知的な趣味」の時間

「英語にあまり触れずに日本語での知的な趣味を持っている」お子さんよりも少ないので

漢字力、そして日本語力はそういったお子さんよりも弱くなりやすい傾向になると思っています。




だから、英語が進んでいる子ほど、国語のフォローが必要だと思っています。

ひらがなやかたかなについては、はっきり言ってほとんどの子が小1終了時点で

読めて書けるようになっているので、そこまで日本語力に関係ないんじゃない?

と思われる方もいらっしゃるかもしれないんですが、

結構ここで遅れてしまうと、勉強や学校に対して「苦手」意識が出てしまって

ストレスになってしまう子もいるみたいです。

そして、チャンディも

「やっておい良かった!」と思ったこともありますし

「あのとき、やっておいたほうが良かった!」と思うこともあります!!

小1の入学時点で、完璧にしておかなくても良いと思うんですが、

抑えておいたほうが良いポイントはあります!!!!



さて、前置きが長くなりましたが、、、

チャンディなりに思った幼児期のひらがな、カタカナ学習のポイントや小1の時点で

どこまでやっておいたほうが良いのかについて考えたいと思います。




まず、「読み」については、

小1入学時点でほぼ全部のひらがな、カタカナは読めた方が良い

と思います。

小1からやっても間に合うかもしれませんが、小1から「書く」ことも始まるため、

どちらも一から、、、となると相当負担だと思うからです。

長女の幼稚園もそうでしたが、だいたい年長さんぐらいに「ひらがなれんしゅう」

の時間をとってくれる幼稚園や保育園が多いと思うんですよね。

そうでなくても年少さんぐらいから読める子はとても多いです!

だから、ほとんどの子が「ある程度読める」状態で入ってきます。

そういった子たちが多い中で、先生も「ある程度読めるもの」

として、授業は進んでいきますので、

やっぱり読めないと授業も大変だと思います。

我が家の長女の場合は、3歳になったときに勝手に読んでいたのでこれは全く苦労しませんでした。

影響が大きかったのはやはり

「絵本や図鑑の読み聞かせ」

だろうなと思います。



長男は4歳手前まで全く読めず、、、、興味もないようだったので少し心配しました。(ただ、あまり気にする暇もなかったんですが、、、)

絵本や図鑑の読み聞かせの機会も長女よりもぐんと減ってしまったんです。

全く読んでないわけではなかったんですが、、、明らかに長女の時に比べて量が減ってしまったため、

申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

でも、最近ようやく読むことに興味を持ってきたようで、目にした文字を自発的に読むようになりました♪

(まだすらすらとはいきませんが)

長男が読めるようになるのに役立ったものは沢山ありますが、

ここで効果的だったもの3つを紹介します。

まず一つ目は!

☆こどもちゃれんじ

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

こんなに良くできた幼児向け教材はないかもしれないですね。

長女の時は親戚から頂いたお古の絵本をよく読んでいましたが、

幼児のうちに知っておいたほうが良い「常識」を色々と教えてくれます。

はまれば、「勉強」も「お手伝い」も毎日の習慣もいろんなことをしてくれます♪

お友達との付き合いも学べますからね♪

ただ、やはり絵本だけでは「勉強」的なことは足りなかったと思います。

ワークやEduトイと呼ばれる付録グッズには

ひらがなやカタカナ、数も楽しみながら学べる工夫が沢山あり、

自主的にやってくれるところが魅力☆

長男も毎日「なぞりんマシーン」で遊んでいます♪

チャンディは一度も声掛けしたことはないので、嬉しい限り☆

ほとんど読めなかった長男があっという間(1か月もかかっていません)

に読めるようになったのはこどもちゃれんじのおかげでしょうね♪


二つ目は

☆ことばのえじてん

詳しい記事はこちらをお読みください♪

未就学児~小学校1年生のひらがな、カタカナ、語彙のための便利アイテム その1 「読み」に貢献!小1の授業にも使える!ことばのえじてんの活用法♪

こちらは、「文字」としてだけではなく2文字以上の「言葉」を読む練習になってそうだなぁと思っています。

我が家が購入した「ことばのえじてん」

小学館ことばのえじてん

新品価格
¥3,672から
(2016/5/17 12:24時点)


三省堂の絵じてん。こちらもほとんど内容が一緒なので迷いました~。どちらもおすすめです♪

三省堂こどもことば絵じてん

新品価格
¥3,024から
(2016/5/17 13:14時点)




そして、三つ目は


☆お風呂のひらがな表




これは長女が2歳のときにも貼ってました!

ひらがなや書き順だけ載っているポスターとイラスト入りのポスターがありますが、

我が家は楽しそうだったので、イラスト入りを使いました。

フォントが少し変わってますが、我が家の子たちの場合は、特に混乱もなかったようです。

特に何かをするわけではなかったんですが、

たまに、「あいうえお」表で発声練習をしたりしていました。

長女も長男もいつしかそれぞれの文字のところに描いてあるイラストの名前を勝手に読んでくれるように。。。。

毎日目にするし、遊びすぎて何もできなかった日も目にできるのが良いところ♪

絵が多いものを選ぶと会話のネタにもなりますよね♪


以上の3つが特に目に見えて効果的だったものです。


あとは、目に見えての効果は感じられなかったんですが、遊びを通じて蓄積したかなぁと思うアイテム。

☆ひらがなタブレット

長男への頂き物。
 
たまに遊んでいるかな~という程度ですが。。。

起爆剤にはなりませんでしたが、きっと役立っているのではないだろうかと思います☆


☆プラレールかるた

これもたまに遊ぶ程度ですね。

風邪をひいたけど、そこまで症状がひどくなかったときに、家にいる時間が長すぎて、、、

帰り道の本屋で購入しちゃいました♪

プラレール好きの長男は大喜び☆

これも、こどもちゃれんじを購読してから、すぐに取れるようになりました☆

GOGO!プラレールかるた ([かるた])

新品価格
¥1,296から
(2016/5/22 00:19時点)






あとは、

濁点や半濁点、促音・拗音などはこちらの

☆アンパンマンワーク

がわかりやすいです。

まだこどもちゃれんじで出てきてない箇所で、ひらがなポスターにも載ってないので、

マスターしているわけではありませんが、

親が教えやすかったです♪

ワークだいすき!アンパンマンのあいうえお

新品価格
¥918から
(2016/5/22 00:22時点)



ワークだいすき!アンパンマンのもじとかず―4・5・6さい

新品価格
¥918から
(2016/5/22 00:22時点)



↑現在取り組み進行中♪






長女は読むことに関しては、勝手にマスターしていたので、

「もじを読めるようになるのに効果的なものは?」と質問されても何も書けなかったんですが、

長男は「効いたもの」が分かりやすかったので、こうやっておすすめの文字グッズを紹介できました♪



長男の場合は、子どもらしいものが好きなので、

役立ったものも「しまじろう」「プラレール」「アンパンマン」などちょっと偏っていますね(汗)。

ネット上のプリントなどもやらないことはないのですが、

あまりまじめなワークはそこまで好きではない様子なので、活用しきれずにいます。

ワークを購入するのにお金はかかりますが、そこまで高くないですし、

喜んで取り組んでくれたらこちらも楽なんですよね。

あとは、家にある簡単な絵本が読めたら音読表にシールを貼ったりもしています。

10個たまればラムネがもらえます☆




まぁ、そもそもこういうグッズが全く必要のない子もいるし、

効果的なものは子どもによって違うと思いますが、

本人が楽しみながら学んでいける環境が作れたら良いですよね。

長男はひらがなはなんとなく読めるようにはなってきましたが、

長い文章はまだしんどいみたいですし、

たまに間違えます。

でも、あまり気にしていません

なんとなく、成長したらいつのまにかできていたということになるんじゃないかな。

二人目だからかまったく焦りがないですね(笑)。




とりあえず嫌がらないことだけ、楽しめることだけ取り組むだけ取り組んでもらって、

間違えてもやさしく訂正するのみというスタイルを続けてみようと思っています。

まだ年中ですが、入学時にはカタカナも読めるようになったら良いなぁと思っています。

そろそろお風呂のひらがな表のとなりにカタカナ表も貼ってみようかなと思っています。





そう、「読み」って日本語も英語もそこまでストレスがかかるものじゃないんですよね~~。

楽しめるものを与えるだけ与えて待つ、、、というスタイルで上手くいくことが多いと思います。

長女の英語の読みに関しても、そんな感じでした。

L 無理なく、楽しく!我が家の読みの取り組み(長女)

そのスタイルだと全くイライラしないで楽しく進められます。

そう、

問題は「書く」こと。。。。

続きはまた後日にでも☆






  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ

























2016年05月17日

未就学児~小学校1年生のひらがな、カタカナ、語彙のための便利アイテム その1 「読み」に貢献!小1の授業にも使える!ことばのえじてんの活用法♪

現在長女7歳。長男4歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

ブログには書かない個人的なことも少し書こうと思っています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪ 


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ





本日は、英語とはあまり関係のないネタですが、「国語力」についての記事です。

幼稚園からできる日本語の「読み」や「語彙」教科の取り組みを紹介します。

チャンディは、小学校に入学する時点で

ひらがなやカタカナを完璧に仕上げる必要はないと思います。

(見本を見ずにきれいに書くこと)

そういった取り組みをすることによって親子ともにストレスになる場合は避けたほうが良いとも思います。

なぜなら、授業でみっちり一つの文字について取り組んでくれますし、

先生によっては書く宿題もちゃんと出してくれるからです。

長女も入学時は全く完璧ではありませんでたが、問題なく書けるようになりました☆

完璧な状態で臨んだらあまり面白くないかなぁとも思います。

(もちろんやりたがる子にはどんどんさせてあげたらいいと思いますが♪)

でもだからといって「何もしなくて良い」というわけではなく、

無理のない範囲で取り組むことによって

小学校1年生で習う「ひらがな」「カタカナ」の授業が好きになり、

文字を読むこと、書くことに対して積極的に取り組んでもらえるようにすることも大切かなと思っています。





我が家の長女も何もやっていなかったわけではなく、色々手は出しました(笑)。

その中で

残念ながら

「あまり使えなかった」と思った教材もありますし。

「これは役立った!」「買って良かった!」「すごく使えた!!」と思った教材、

そして、役立ったものの、

「もっと早く使っておけば良かった!」と思った教材などもあります。




まずは、ひらがなの「読み」に貢献した便利アイテムのご紹介です☆


それはこちら!

小学館ことばのえじてん

新品価格
¥3,672から
(2016/5/17 12:24時点)



「小学館のことばのえじてん」 です。




おすすめポイント その1

就学前の幼児に使いやすい、理解しやすい!

会話のネタになる♪

読む気持ちが育つ♪


幼児のときに習得しておきたい約3000語のことばの絵、例文、説明が載っています。

とてもわかりやすいイラストと説明、例文で子どもたちの食いつきは良かったです。

ただ絵を眺めて読んで楽しむのもよし♪

会話のネタにするのもよし♪

クイズとして楽しむのも良いですよ♪



我が家では例えば

今日は「あ」から始まることばが答えになるよ~。

どちらも勝ち負けがないことをなんて言うかな~?

(こたえは「あいこ」)

というようなクイズをすることもあります。




そのあと、わかるものはそのまま答えてもらい、わからないものは

えじてんを見せるんです。

すると、頑張ってひらがなを読んでくれるんですね。



長女の場合は日本語を読みだすのが早く、このえじてんを買ったとき(確か3歳ぐらい)には

すでにすらすら読んでいたので、あまり効果は感じなかったんですが、

現在4歳の長男は、最近まであまり読むことに興味がなく、自分から読むタイプでもなかったので

この「答えが知りたい!」という気持ちでこのときばかりは一生懸命読んでくれます。

正解したらドットシールをはると大喜び♪




慣れてきたら、逆に子どもに問題を出してもらったりすると文章を読む練習になって良いですよね♪

長女はクイズを出されるよりも出す方が好きだったので、読むことが多かったです。

大人が答えるんですが、「説明文」からだけでは意外と答えるのが難しいんですよね。

けっこう頭を使います。

長男ももっと文字を読むことに慣れてきたら読んで欲しいなと思います。




毎日欠かさず、というわけではなく、気が向いたら、、、というレベルですが、

長女のときにこの絵辞典に慣れて良かったと思っているので

長男も幼稚園時代はこの絵辞典に「慣れる」ことを目標にしています。

完璧に全部読む、とか全部答えるという感じではなく、「気が向いたら」やる程度で良いと思っています。




もちろん、幼児期はひらがなポスターや、絵本、ワーク、町やお店や家で

見たものなどからもどんどん吸収すると思いますし、えじてんじゃなければだめというわけではありません。

長男の場合も、こどもちゃれんじをしてから字に興味を持ち始めましたからね♪

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ



それでも、この「えじてん」で答えを読んでいるときの長男はとても真剣ですし、

引き続き、この「えじてん」に慣れておきたいなと思っています。

なぜかというと、、、、

もう一度、このえじてんを活用する時期があるからです♪





こちらのえじてんのおすすめポイントその2!

小学校1年生のときに使えること!!!

小学校1年生になると「ひらがな」「カタカナ」を学校で習うんですが、その時の予習復習に使えるんですね。

授業前にその日に習う文字の箇所をさら~~と眺めて頭に入れておくと

例えば先生が「 あ から始まることば、知ってる人~~~???」と質問されたときに

授業で手を挙げてどんどん発表できるんです。

進んで授業に参加できるので、国語の授業が楽しくなりますよね♪

もちろん、学校で書く練習をしてから復習にも使えると思います。

説明文を読んであげてそれを書いてもらうことによって

語彙を説明する力も育ちますし、それにより語彙も増え、

見本を見ずに書く練習
にもなりますね♪

「辞書引き学習」で付箋にことばを書いて貼っていくのもいいかもしれませんね。

長女は1年生のころ、普通の「辞書引き学習」があまり面白くなさそうだったので、

こちらのえじてんで辞書引きの練習をしました。

絵があるのでこちらのほうが面白いみたいでした。



辞書引き学習で子どもが見る見る変わる

新品価格
¥1,512から
(2016/5/17 13:27時点)




ただ、ひらがなを書くドリルを淡々と書くよりも楽しくて頭を使いそうだなぁと思っています。

実は、長女が1年生のときは「予習のときにさら~っと見る」「たまに辞書引きして付箋を貼る」程度にしか

取り組んでないので、ぜひ長男が1年生になれば予習にも復習にも取り組みたいです♪





ということで、ことばのえじてんの活用法は沢山あり、2歳~6歳ぐらいまで

年齢に応じて長く使えるのでもし持っていない方がいたらお勧めします。


小学館ことばのえじてん

新品価格
¥3,672から
(2016/5/17 12:24時点)






日本語の語彙力。

入学前の子どもたちのボキャブラリーはだいたい同じように感じても

小学校入学時の語彙習得数は

語彙が多い子=約6000個

語彙が普通の子=約3000個

語彙が少ない子=約1500個

と2倍、4倍もの差がつくそうです。

英語教育に取り組むからには、「語彙が少ない子」にするのはさけたいところですよね。

我が家の長男も会話も日本語ですし、

そこまで英語漬け生活をしているわけではありませんが、

それでもテレビ視聴は英語がほとんどなので

大事な日本語シャワータイムを奪っていることを意識して

その分、普段の会話、和書の読み聞かせ、そして、こういった日本語の取り組みをしっかりとしたいです。

「えじてん」の取り組みにより語彙を増やしたり文字に慣れていって欲しいですね。


こちらの三笑堂のえじてんも小学館のえじてんとほとんど同じ構成で似ていますよ♪

三省堂こどもことば絵じてん

新品価格
¥3,024から
(2016/5/17 13:14時点)










  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ
























2016年05月09日

自由時間も自主的に取り組むワーク♪DK Science workbook オンライン英会話のマテリアルにも♪

こんにちは。チャンディです。

現在長女7歳。長男4歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

現在のわが家の子たちの様子、オンライン英会話の風景動画なども紹介しています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ



GWは子どもたちとゆっくり過ごせました♪

そしてGW明けになりゆきで短期の仕事をすることになり、更新が滞っております。

6月いっぱいまで、おそらく更新が遅くなると思います。







我が家の長女は、基本的に机の上での勉強はそこまで好きではありません。

こどもチャレンジのなぞりんマシーンやワークが大好きな長男とは全然違いますね。

なので、長時間の勉強は嫌がるため、淡々とワークやプリントを取り組むのは難しいです。

家庭学習にも工夫が必要です。





国語や算数もそうなんですが、長女の場合は、

計算や漢字などの長女が苦手なトレーニング要素の強いワークをささっと終わらせた後に

長女が楽しめるような読解系、思考力系のワークなどに取り組んでもらっています。

こちらは長女も割と「好きな勉強」らしいです。

長女の「好きではない勉強」計算や漢字なんかは、好きではないにしろ、

ある程度はちゃんと取り組まないといけないと思っているので、計算は時間をはかったり

漢字は小分けにして朝、夜に少しずつ取り組んでもらっています。

やっぱり基礎力は大切です☆

計算なども、幼稚園のときには「No!」と言われ続けましたが、

小2ともなると、取り組むのが当たり前になってきています。



良い悪いは別にして、チャンディはなんでもパパッとしてしまう性格だったので、

たまにイライラしてしまうこともありますが、

できるだけ言わないように、言わないように。頑張っています。

家庭教師をしているときは生徒さんに対してイライラするなんてことなかったんですが、

やっぱり自分の子となると、、、、ね。

勉強を見ているときは「生徒さん」だと思うことにします。




あとは、漫画などの楽勉グッズに頼っています(汗)。

自由時間に、頭を使うことに取り組んでくれたら嬉しいですね。





英語の勉強的な取り組みは、目標を持っているわけではないので、全くイライラしません。

本日は、長女が喜んで取り組んでくれる英語のワークブックをご紹介します♪

先日、英語のワークも挑戦し始めたことをご紹介しましたが、

ついにWritingワークに初挑戦♪まずは5分から。KUMON Workbookで基礎力と自信をつける!


もちろん、プリント1回は5分程度で終わるため、30分かければ5,6枚できるとは思うんですが、

長女にはまだストレスになる様子なので、5分だけ。

KUMONのワークが終わったあとは、こちらのワークを楽しんでもらっています。





DKのScience Workbooksです☆

Pre-Kレベルから

DK Workbooks: Science, Pre-K

新品価格
¥645から
(2016/5/6 14:31時点)


Kレベル

DK Workbooks: Science, Kindergarten

新品価格
¥651から
(2016/5/9 15:12時点)



Grade1

DK Workbooks: Science, First Grade

新品価格
¥651から
(2016/5/9 15:13時点)


Grade2

DK Workbooks: Science, Second Grade

新品価格
¥646から
(2016/5/9 15:16時点)



Grade3

DK Workbooks: Science, Third Grade

新品価格
¥651から
(2016/5/9 15:18時点)





なかみはこちらで見れます↓

Rainbow Resourse Center


PreK,Kレベルは子どもも良く知っていることを楽しみながら確認できそうでそうですね。

Grade1~3は小学校3年生から始まる理科の先取り的な内容も含まれています。


KUMONのワークは長女が好きでやってるわけではないので、5分で終わらせ、そのあとに

ご褒美として取り組んでもらっています。

「やった!!Science♪」

と喜んでくれます。









このワークブックの良いところは、

☆とても簡単なところから始められる!

☆Factが手短にまとめられており、わかりやすい!

☆PreKレベル、Kレベルのものは短文なので、英語読解力がなくても取り掛かれる!

☆身近なもの(そうでもないものもありますが)を使って実験が沢山できる!

☆塗り絵などのアクティビティを楽しめる!

☆お求めやすい!リーズナブル!



逆に弱点といえば、1ページあたり1問形式なので、

見やすくて子どもにとっては取り組みやすいんですが、

ボリュームが少ないと感じる方もいらっしゃるかなぁというところ。

そして、情報量は多くないです。(その分値段もリーズナブルなんですね。)

ただ、そこまで読むことが好きではない長女にはちょうどいい量です。




2年生の長女はPreK、Kレベルに関してはあっという間に速習しましたので、

もったいないといえばもったいないかもしれません。

小学生以上で英語力に自信のあるお子さんはGrade1か2ぐらいから始めた方がいいかもしれませんね。

あと、写真やイラストを多用しているわけではないので、ワクワク感は少なめ

すでにほかの教材や絵本などの洋書、動画などでScience的な内容に取り組んでいると、

クイズ感覚で抵抗なく取り組めると思います。

1からScienceを学ぶ目的として使うと少し使いづらく、つまらないかもしれません。





PreK~Kレベルだと、小学校以上のお子さんならすらすらできる内容です。

「肉食動物に丸をしよう!」「大豆を発芽させてみよう」「海の生き物を描いてみよう」

という簡単な内容です。

英語がすでに読めて理科が大好きなお子さんなら気に入ってくれると思います。

簡単な内容ですが、ちゃんと生物、地学、物理、化学とバランス良く取り上げてくれているので

語彙力はつきそうですね。




Scienceがテーマでとてもわかりやすい内容ということで、サクサク進んでいます。

家庭教師の仕事をしていたときもそうだったんですが、勉強嫌いの子や自信をなくしている子で

受験などの差し迫った期限がなくゆっくり取り組める場合は、簡単なところから始めるほうが良いと思っています。

十分に理解できていればガンガン速習できますから、問題をこなしていく楽しさも感じられるようです。

長女はPreKレベルに取り組み始めた1日目で数10ページ進み、半分ほど終わってしまいました。

実験や塗り絵のページでやっとストップ、、、という感じ。

その後は取り組まない日もあったりしましたが、サクサクできてしまうので、1週間もたたないうちに終了。

「こんな勉強だったらいくらでもやる~~~~~!」

ととても楽しそうでした。

自分にとって楽しい勉強は長時間でもやるんですね。

かんたんな実験が多いことが長女にとってポイントが高いみたいです。

実験のページになると張り切って「やりたい!やりたい!」と言ってます。

材料などをそろえて週末に行うことが多いです。





Kレベルもわりと難易度は高くなく、チャンディでも理解できるレベルでした。

これも毎日取り組んでいたわけではないんですが、2週間ほどで終わりました。






Grade1になると少しだけ理解できない表現や内容もでてきていますが、

そういうときは、一緒に辞書で調べてます。

Scholastic Children's Dictionary

新品価格
¥2,237から
(2016/5/9 15:33時点)




ページによっては文章量が多くなってきたのと、最近は英語よりも日本語の家庭学習のほうが

盛りだくさんなので、前よりはゆっくりめ。

もうすぐGrade1が終わりそうです。

Grade2も購入予定ですが、Grade2にもなると少し難しいかしら???







やり終わったシートはオンライン英会話のマテリアルにもなります。

特に実験のページについては、一応取り組んだ時の写真なども撮って送っておきます。



空き箱で作ったヨット

2016-04-12-18-32-07

(お風呂に浮かせて実験!)




コットンで発芽させた大豆

2016-04-20-15-30-35




でんじろう先生お馴染みのコーンスターチと水で作った液体

これは楽しいですよね♪

BlogPaint


2016-04-16-14-05-18

(長男も参戦したため、このあと大惨事。。。)





わかりやすさや楽しさのためにフードカラーは良く使います♪









家でチャンディと実験をするときは、長女は英語で読みますが、日本語で話しながら行います。

英語にしちゃうと何も言えなくなっちゃうチャンディなので、日本語の方が良いです。

長男もいろんな体験ができて楽しそうです♪

その後、やり終わったワークと写真を見て、先生と英語で会話してもらっています。

知らない内容を一から読んで会話するよりも長女が多弁になります。







英語の勉強もある程度日常会話ができると、自分で読んでくれたりオンライン英会話でもうまく使えるので

楽ちんですね。

他にも「文法」や「語法」「語彙強化」など、英語力に直結する取り組み、

やるべきこと、効果的なテキストなどは沢山あるんだと思うんですが、

長女も「英語」はまだ学校で習っていない分、そこまで頑張る気がない様子。

嫌な洋書やワークについては相変わらず容赦なく断られます(涙)。

学校の勉強に関係する問題集などは、文句も減ってきたんですが、

英語はまだ「断れる」と思っているのでしょうね。

ついつい喜んでやってくれる長女の好きなものを買ってしまいます。




長女の場合は、英語のものに関しては小説をガンガン読むほうではないので、

このワークの取り組みが、

しっかりと学ぶワーク!というよりも、すでに知ってることに関して「読む」

多読の代わりになっていればいいな~と思います。




以下、ランキングバナーを押してもらえると嬉しいです。  

 





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ