L 小学校に入ってからの英語教育

2016年11月01日

おうち英語っ子。英語の勉強をしてきていない小2長女、英検過去問に初挑戦!結果は?【英検4級、3級編】

こんにちは。チャンディです。

現在 長女7歳 小2。長男4歳 年中。 

新サイト毎日更新中♪


子どもの英語どうすればいい?【動画、音声教材館】

  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ






おうち英語っ子。英語の勉強をしてきていない小2長女、英検過去問に初挑戦!結果は?【英検5級編】


の続きです。

5級の過去問はほぼ満点だったので、4級の過去問に挑戦してみました。




過去問を解いたのは8月末から9月のことです。

ちなみに長女の英語歴はざっとこんな感じ。

☆1~3歳  たまにWKEで遊ぶ
☆3歳半~ 英語動画、洋書や朗読のかけ流し
☆4歳~   オンライン英会話開始(遊び)
☆4歳半~ オンライン英会話で薄いリーダーからReadingレッスンを開始。少しずつ文章を増やしていく。
☆7歳~   オンライン英会話でチャプターブックやサイエンステキストをマテリアルにする。

基本的に彼女が好むものを優先して取り組んできましたが、一応日常英会話であれば、

英語が聴ける、話せる、読める状態ではあります。

結果

筆記 32/35 リスニング 29/30
筆記 33/35 リスニング 27/30
筆記 33/35 リスニング 28/30



9割は取れていますね。

思ってたよりもちゃんと理解しているんだなぁと感心しました。

英検4級の中身ですが、

選択問題や並び替え問題、リスニングは5級とそんなに変わらないかなぁという印象でした。

過去形が増えたり、比較級が出たり語彙が難しくなったりしているようです。

5級に比べてミスは増えましたが、間違っている問題を見て、次に選んだらあっていたので、ちょっと考えないといけない問題が増えたことによる、集中力の欠如の問題かなぁと思います。

四級では五級ではなかった長文問題が出てきます。

しかも3つも。

1つ目は「提示物」。

2つ目は「メール」「手紙」。

3つ目は説明文の読解。

案の定何も言わないで解いてもらったら

「この文章何???意味わかんない~」と読む前から文句が出ました(汗)。

これまで好きなジャンルの文章しか読んでこなかったので、文句が出るのも当たり前かもしれませんね。。。

特に、「掲示物」「メール」については最初何が描かれているのかその趣旨が全く理解できなかった様子。

丁寧に説明したところ、趣旨は理解して、そのあとは全問正解しました。

長文に対しての設問はとても簡単だと思うので、

やっぱり英語力自体は問題ないのだと思います。

ただ!ここで問題が。。。。

実は、通しで受けていません。



リスニングは通しでできましたが、筆記は10分ずつ、3回ぐらいに分割してやりました。

宿題等やるべきことと、やりたいことが沢山ある彼女に

35分程度通しで英語の勉強タイムをとることがとってもとっても難しいのです(涙)。

自由人、しかも頑固な子に本人の意としない決められたことをさせるのって、本当に難しい。

293757



やっと毎日、「計算」と「漢字」に取り組むことが日常化できてきたかなぁというところ。

それだけでも十分頑張っていると思っています。

我が家の長女は精神的にも全然ませてないし、しっかりしてないし、幼いです。

学習の効果や利点、どうして学習しておいた方が良いのかは理解はしていますが、

どうしてもやりたいことを優先させてしまいます(汗)。

思慮深いタイプでもないので、毎日幸せそうですが(笑)。

問題を解くのも、多分2年生になってからじゃないと取り組ませるなんて無理だったし、

すごい進歩!!!

親子英語ブログをされている皆様のお子さんが、幼稚園時代からすんなり英検受験を受け入れたというのがすごすぎるなと思います(笑)。

彼女に必要なのは

「問題慣れ」。

5級問題のように

「かんたんだから、まぁやっても良いよ」

と思わせることが取り組んでくれる鍵。

ということで、

オンライン英会話の時間にも英検の過去問を扱ってもらうことにしました。

長女から苦情がでるので、毎回ではありませんが、

最初の15分は過去問を先生と一緒に解いてもらっています。

ただ、4級はもうすでに理解している語彙が多いので、

3級の過去問(筆記、選択問題と長文問題のみ)でやっています。



3級はあまりなじみのない語彙も出てくるので、ボキャブラリー強化にもちょうど良いです♪

3級はまだテストとして受けてもらったことはないんですが、9割ぐらいは正解しているようです。

ただ、先生と一緒に読んでるし、集中力が持っているからだろうと思うので、実際にテストを受けたら9割は難しいかもしれないなと思います。

冬試験ですが、4級を受けるか、もしくは3級を受けるか。

そろそろ通しで受ける練習をしてみようかしら。

それとも冬試験はスキップして春に3級を受けるか、悩ましいところです。

3級の英検問題もある程度理解しているということが分かったので、4級もスキップできないか、、、という欲が出てきてしまっています。

申し込みギリギリまで様子を見ようと思います。





以下、ランキングバナーを押してもらえると嬉しいです。   


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ


ryuhina at 10:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2016年09月12日

おうち英語っ子。英語の勉強をしてきていない小2長女、英検過去問に初挑戦!結果は?【英検5級編】

こんにちは。チャンディです。

現在 長女7歳 小2。長男4歳 年中。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

現在のわが家の子たちの様子、オンライン英会話の風景動画なども紹介しています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ






夏休みは、時間があるようで、忙しかったです(汗)。

ただ、それでも普段学校に通っている時期に比べると少し余裕があったので、

英検の過去問に挑戦してみました。

長女も小2になり、英文を読むことに抵抗がなくなってきたと思うので、

そろそろ挑戦して欲しいなと思うようになりました^^。

実は、この夏に「漢字検定10級(1年生レベル)」を受験しまして

その流れで英検について教えたところ、少し興味を示してくれたんです!



ただ、秋の英検は受験しません。

運動会の予備日なので、受験できないかもしれないのです(涙)。

何も予定が入らなければ冬に受けてほしいなと思っています。





しかし!!!

このブログの読者の方ならご存じだと思いますが、

「英検受けよう!」「うん!やってみる!」

とすんなり行く長女ではありません。。。。

興味は示したものの、

「とりあえず、どんなテストかやってみないと、やるかどうかわからない」

とのことでした。

漢字検定も試しに過去問を解いてもらって、本人が「大丈夫!」

と感じてやっと「受けてみる!」という返事をもらったんですよね。

使用した問題集はこちらのみ。



Amazon

漢検 10級 過去問題集 平成28年度版

新品価格
¥972から
(2016/9/9 09:57時点)



楽天ブックス

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

漢検過去問題集(平成28年度版 10級) [ 日本漢字能力検定協会 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2016/9/9時点)




夏休みの宿題テキストでも1年生の漢字復習はしていたし、

あと、1年生の終わり~夏休み前にはこのあたりの問題集にも取り組んでいたため、

陰山メソッド「徹底反復 漢字プリント」小学校1~6年 (コミュニケーションMOOK)

新品価格
¥972から
(2016/9/9 16:31時点)


出口先生の頭がよくなるかん字小学1年生 (出口先生の頭がよくなる漢字シリーズ)

新品価格
¥1,296から
(2016/9/9 16:32時点)



過去問を解いても、初回から1,2問間違える程度でした。

ただ、かなり雑な文字があったため、そこを注意したりして何度か喧嘩しましたが(泣)。。。

一学年前のレベルだと、過去問だけで大丈夫ですね♪

余裕でほぼ正解できるレベルのテストでないと、受験する気にならないそうです。







ということで、まずは、英検も過去問から挑戦。

長女が初挑戦する英検レベルを探るために、過去問に挑戦してもらいました。

使ったのは、一番お得なこちらの過去問題集。

他のものは過去3回分だったり、問題集とCDが別売りだったりして高くついたので、こちらが良かったです。


英検5級過去6回問題集〈’15年度版〉

中古価格
¥420から
(2016/9/9 09:56時点)



とりあえず、数回チャンレンジしてもらいました♪

結果と感想は続きをクリックしてくださいね♪




200x200_01 




以下、ランキングバナーを押してもらえると嬉しいです。   


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ



続きを読む

ryuhina at 10:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月27日

小2 長女の漢字学習で感じたこと その1 英語が得意な子は漢字が弱い? 

現在長女7歳。長男4歳。 



我が家の長女の英語教育のこれまで


 メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

ブログには書かない個人的なことも少し書こうと思っています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪ 


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ





よく巷で言われている噂でこういう定説がありますよね。

バイリンガルは漢字が弱い???


実は、以前書いた記事

英語教育をしていることをあまり話したくない理由 苦手な理由を「英語」のせいにされる可能性がある

でも、少し触れましたが、以前、主人のお父さんから

「長女ちゃんは漢字が弱いんだよね。」

と決めつけられたことがありました。

まだ1年生前半。学校で漢字を習っていないときにです。

そのときは「まだ習ってないから当たり前でしょ!!!!」と思ったんですが、

最近、お義父さんの言葉は「忠告」だったんだと思い始めました。




英語ができる子は漢字が弱いというのは、実はチャンディは当てはまると思っています。 


英語が得意な子を作る環境にはそうではないお子さんの生活環境に比べて英語に触れる機会が圧倒的に多いからです。

特に、海外に住んでいるお子さんの場合。

学校で漢字を習わないですよね。

目にする看板やテレビのテロップも英語なわけですよね。

普段学校で使っている言葉が英語なら

日本語の本よりも英語の本を読む機会が多く、

漢字だらけの日本語の本よりも英語の本のほうが読みやすいと思います。

そういった環境で育つと「漢字」=未知のものになるわけなので、

家庭で相当、漢字に触れる工夫をしたり漢字の読み書きの勉強をしないと

一度見ただけで覚えてしまうような、よほど優秀なお子さんでない限り絶対に漢字は苦手になるでしょう。

海外で子育てされていて、そういった意識を持ってらっしゃる親御さんは

「日本語」特に「漢字」の学習において、とても努力されていることだと思います。





さて、日本に住んでいて、英語が得意なお子さんの場合。

目にする看板も日本語がほとんど、

普段学校で使っている言葉も日本語、

日本語の本を読んでいる、

という状態でも

それでも、英語が得意ということはそれなりに英語に時間を使っているわけなので、

在外バイリンガルのお子さんに比べて幾分ましかとは思いますが、それでも

「何もしなくても国語や漢字が得意な子」

は珍しいと思います。

得意なお子さんは、ほぼなんらかの形で勉強したり、漢字に触れる趣味を持つお子さんが多いはず。

私がいつも拝見している小学生のお子さんをお持ちで英語教育されている方のブログからも、

特に「漢字」は意識してフォローされている印象を受けます。

(もちろん優秀なお子さんや漢字に興味があるお子さんの中には何もしてないお子さんもいらっしゃると思いますが)








我が家の長女の場合、普段の生活は圧倒的に日本語優位。

読書も9割方日本語です。

漢字が入った本や漫画も読んでるほうですし、

漢字のある生活を送っていると思います。

それでも、漢字が得意ではないです。

まだ小2なので、「苦手」というほどではないですが、 あまり好きではないです。

長女の場合は娯楽としてのテレビ、朗読音声、洋楽、オンライン英会話にて、

英語を聴いて使っているので、その分日本語に触れる時間はほかの子より少ないんですよね。

英語をしているから苦手、、、ということではなく、

単に日本語に触れる時間がほかの子よりも少ないということによるしわ寄せだと思っています。

だって、日本語のテレビを見ている子は、自然に大人が使うような難しい日本語や漢字に触れる時間が多いですからね。

チャンディも、幼稚園ごろ~小学校低学年のときはアイドル全盛期だったので、芸能人が大好きでした。

そのころからアイドルの名前を漢字で覚えていましたし、実は漢字で苦労した覚えがないんです。

学校で漢字を習う時も

「光GENGI」の「光」

「南野洋子」の「南」ね。

「小泉今日子」の「泉」ね。

「中山美穂」の「穂」ね。

「加藤茶」の「茶」ね。

とかというように、幼稚園のときから芸能人効果ですでに知っている漢字が多かったですし、

父がいつも見ていた「野球中継」で選手の名前も漢字で覚えていましたね。

なので、学校の漢字もある程度知ってるものだったので、習っても楽しかったし、苦労はしてないです。 

一度習ってちょっと練習したら普通に書けてました。

歌番組も沢山見ていたので、

漢字が含まれる歌詞を見て歌を覚えたりしていました。

すでに認識している漢字が多かったので、書くときにも「嫌だ」とは思わなかったんです。

それを考えると、日本語のテレビも漢字学習、日本語学習に役立っていたんだなと思います

(年齢がばれそうですね笑)。

今の長女と当時のチャンディを比べると、当時のチャンディのほうが漢字は圧倒的に得意でしょう。





実は長女が1年生が終わったときに特に長女が漢字が苦手、とは思っていないかったんです。

春休みにした家庭学習




の漢字テストでもほぼ満点だったし、何もしなくても大丈夫かな~と思っていました。



でも甘かった!!!!



1年生のときは感じなかった問題点が2年生になって明らかになってきました!!!!


続きは次回に☆ 


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ




ryuhina at 10:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月24日

【英語教育】補助輪外しに思う、時期によって大切なものは違う!私が英語の勉強とトレーニングを幼児期は重視しない理由


こんにちは。チャンディです。

現在長女7歳。長男4歳。


我が家の長女の英語教育のこれまで


メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

ブログには書かない個人的なことも少し書こうと思っています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪ 


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ




今日は、記念すべきことがありました♪

なんと、我が家の長男が、自分の自転車をまだ買ってもらってないにも関わらず、

公園のレンタルサイクルで借りた気まぐれで乗った

補助輪なし自転車を5分で乗りこなしてしまった
のです(汗)!!!

もう、驚いたのなんの。。。

自転車自体、乗ったのがほぼ初めてだったんですよ。

まずは補助輪あり自転車に乗って30分遊び、レンタル終了。

しばらく遊んで、「もう一回乗りたい!」というので再度レンタル。

気まぐれで「一回補助輪なしの自転車も乗ってみなよ~!」と進めてみると、乗り気になって、

5分で乗りこなす。。。。

長男、鼻高々で超ご機嫌すぎてレンタル時間が終了して大泣き。

という流れです。

今日は久々に家族みんなで驚きました(笑)。

でも、実は、ほんの少しだけ「もしかして乗れるかも」という期待もしていました。

なぜなら、長男は

大のストライダー愛好家なのです。





引っ越し前は家の前が袋小路だったので、家の前で近所の友達と毎日乗りまわしていたし、

引っ越してからも、近所が見事に全く危なくない緑道だらけなので、

公園や買い物に行くときにも乗ってました。

坂道やでこぼこ道も好きで、週末はストライダーが楽しめるコースがある公園にもよく行っています。

ストライダーはもちろん場所によっては危ないと思いますし、

車が通る道や人が多い歩道なんかは絶対に乗らせませんが、

安全に遊べる場所がお近くにあるなら本当おすすめです。

長男は2歳前ぐらいに買ったと思うんですが、これまでずっとお世話になりました。

楽しんでおくとバランス感覚が身に付きやすいみたいですね。

長女もストライダー愛好家で、長男ほどではないですが、確か2日目ぐらいに乗ることができました。

長男はともかく、長女はお世辞にも運動神経が良い子とは言えないので(笑)。

はやく補助輪が外れたのはストライダー効果だと思います。




さて、この幼児期に誰もが通る「補助輪外し」。

時間がかかる子もいると思います。(チャンディも、そんな1日2日で乗れた記憶はないです。)

周りの子がどんどん乗れるようになって、焦って練習を始める方もいらっしゃると思います。

もちろん、親子で一生懸命練習して一緒に取り組むことのは素敵な時間だと思いますし、

努力する時間もその子のためになっていると思います。

だから、別に練習なしで乗れた長男がすごく得をすることってそんなにないと思います。

だって、結局はトレーニングに時間がかかろうとかかるまいとほとんどの子が

小学生になるころには乗れるようになりますからね。

優しく励ますことができる親御さんだったら、その時間はお子さんにとって宝物にもなると思います。




でも、補助輪外しの練習でどうしてもイライラしてしまう親御さんもいらっしゃると思うんです。

実は、チャンディもそういった親御さんを何度か見かけたことがあります。

そんなに色々言われてもできないものはできない!とすねたり泣いたりするお子さんもいました。

でも、ついイライラしてしまう親御さんの気持ちもとってもわかります!!!!!

チャンディが長女の漢字の勉強を見ていても、同じ問題で何度も間違える長女にたいして

「さっきやったのに!!」とイラっときてしまうことがありますから(汗)。

(イライラを出さないように努力はしていますが。。。。)



だから「ストライダー」は2歳前にプレゼント(おじいちゃんおばあちゃんありがとう☆)。

「ストライダー」に楽しんでおけば補助輪外しが楽というのはチャンディの周りでは有名でしたし、

補助輪を外す練習でイライラするのも嫌ですし、

あまり早くに自転車を買ってしまうとサイズも小さいのを買わないといけないし、、、、

という理由で、

特に長男は早くから自転車は買い与えず、ストライダーを十分に楽しんでもらっていたんです。

ストライダーは2歳ぐらいから乗れますし、子どもにとってトレーニングの要素はほぼなく、

ただ、スムーズに走る面白い乗り物です。

実際チャンディも「自転車に早く乗れるためのもの」というよりも

「長男が乗るのが大好きなもの」

として考えてきましたし、乗りたがるだけ乗ってもらっただけなんです。

十分に遊んで、バランス感覚が十分に鍛えられてたんですね。

そして、今日、自転車初挑戦にして、見事に乗りこなしました!!!!



でも、例えば、長男が2歳のときにストライダーを持っておらず、

2歳のときから自転車を与えられて、練習させられたとしたら、、、、

それはストレスでしかなかったと思います。

(もちろん、体格が良くて、運動神経が良くて、自分から乗りたがった子はしていいと思いますけどね)

まぁ、一般的には手足の長さが足りないからそんな無茶なことはほとんどの方がしないと思います。

体格から最低でも4,5歳から始めますよね???





例えが長くなりましたが、ここから本題!!!

これは英語でも同じことだと思うんです。

2歳のときに乗れそうにない「補助輪なし自転車」の練習をしたいというお子さんは少ないと思います。

同じように幼児期に「英語の勉強」や「トレーニング」をしたいというお子さんはいるでしょうか。

日本語も、洗練された日本語力をつけるには「国語」の勉強や音読トレーニングなどが

必要だとは思いますが、それは小学校に入ってからで十分かなと思います。

英語も同じで、もちろん、多読や音読は優れた英語習得方法のひとつだし、

Writingや文法を学ぶのも、日本語でいう国語の勉強と同じで、

取り組んだ方が表現力豊かで洗練された英語が身につくと思います。

でも、チャンディは幼児期から多読やWritingにこだわらなくて良いと思うんです。

(もちろん、好きな子はさせてあげていいと思いますが!)

というのは、我が家の長女は、あまり読み聞かせや多読、Writingなどのワークに力を入れてこなかったんです。

とにかく、英語を娯楽として楽しむことに注力してきました。

そして現在小2。

少し前から多読とWritingを導入してみましたが、

と~~~ってもスムーズに始められました


娯楽としてのテレビやオンライン英会話で鍛えられた「英語を耳で聴いて理解する力」を武器に

「耳読書」から、多読(というほど多くは読んでいませんが)の導入がスムーズでしたし、

そして、最近、Writingワークにも少し取り組み始めましたが、

問題を解くという行為自体に小学校で慣れていること、そして、

問題文の英語も読めるし、言葉も知っているものがほとんんどなので、

基本的文法事項を確かめるだけのとても簡単な内容のプリントを

「楽勝~!」とものの5分でプリントを仕上げます。

(敢えて楽勝な内容をチョイスしてます。後日記事で紹介します♪)

もし、長女が多読やWritingを幼児期に始めていたら、ものすごく時間とストレスがかかったと思うんです。



というのもですね。

実は、知り合いのお子さん(幼稚園)が英会話教室に通っていたんですが、

毎回出される英語のスペリングの宿題が大嫌いで、、、

2年も通っていたのに小学校に入ってやめてしまったそうなんです。

そのスペリングのプリントって、ワーク好きな子には良いと思うんですが、

そんなに好きじゃない子からしてみれば、苦痛だろうなという内容。。。

まだ英語を理解していない子に「dog」などを数十回書かすプリントです。

例えば文字を書くことに慣れている小学生や中学生なら1,2分で終わる内容なんですが、

ひらがなでさえ書くことに慣れていなかった子は10分以上かかることもあったらしいです。

せっかく幼児期から始めた英語、やめてしまってもったいないなと思ってしまいました。



誤解があるといけないので断っておきますが、

もし、すでに英語力があるお子さんで

本を読むことやワークに取り組むことが大好きだから、

親子で一緒にそういったお勉強的なことに取り組まれたり、

英語教室などでそういったお勉強的なことに取り組むのはとても自然なことだと思います。

だから、親子英語村でも幼稚園のころからチャプターブックを読んだり、

ワークに取り組んだりしているお子さんもいらっしゃると思うんですが、

それは、そういうことが楽しめる能力と環境があるからだと思うので、問題ないと思います。

ただ、そういった英語力の高いお子さんを見て、

「うちも読ませなきゃ!」

とか

「うちもワークに取り組まなきゃ!」

と焦る必要はないかなと思うんです。

あとからの方が伸びることも沢山あると思います☆


(逆に、すでに小学生以上のお子さんの場合は、

娯楽としての英語とともに英語の勉強を取り入れたほうが

効率よくスムーズにいくと思います。

読むのも書くのも幼児さんに比べて早いと思いますし、

英語力に直結すると思います。)





いくら英語教育が早期化しているからといって、

あまり英語そのものや文字を書くことになじんでいない幼児に

スペリングのプリントを宿題として出すのは、

ストライダーさえ乗ったことのない2、3歳の子に

補助輪なしの自転車の練習を無理やり進めるのと

同じことかもしれないなぁと思ってしまいました。




思い返してみると、長女が幼稚園のとき

「なんか、テレビ見て、Skypeでゲームして遊んでるだけだけど、もっと読んだり、練習やワークなんかしたほうがいいのかなぁ」

とぼんやりと思った時もあったんですが、

長女もやりたがらなかったし、何かと忙しかったのでできませんでした。


でも、娯楽としての英語は続けてきました。

ストライダーという子どもにとってのただの遊びが、自転車の補助輪外しに絶大な効果を与えるように、

長女の場合は、娯楽としての英語が、多読やWritingの導入をスムーズにしてくれました。

同じ効果が長男にあるかどうかはわかりませんが、

とりあえず英語のテレビやオンライン英会話でゲームを楽しむこと、時々絵本の読み聞かせ

は無理なく続けてこれているので、

これからもとりあえず、英語で楽しむことは続けたいなと思います♪


(補足)

幼児期はとにかく英語=娯楽を意識しましたが、少しだけ「読むこと」には取り組みました。

成果や量にはこだわってはいないのですが、何もしていないわけではないので、

「読みの取り組み」のリンクを貼っておきます☆

L 無理なく、楽しく!我が家の読みの取り組み(長女)

続きを読む

ryuhina at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年04月13日

【英語教育と子どもの個性】性格による「読み書き」へのアプローチの違い♪長女の場合と長男の場合 その2(理由を求める長女)


こんにちは。チャンディです。

現在長女7歳。長男4歳。


我が家の長女の英語教育のこれまで


メルマガを始めてみました!

ブログの更新情報や自宅でできる英語教育のヒントなども配信していきます。

ブログには書かない個人的なことも少し書こうと思っています。

登録してもらえたらうれしいです。

子どもが英語が得意になるために自宅でできる英語教育のヒント♪ 


  にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

 
英語育児 ブログランキングへ




【英語教育と子どもの個性】性格による「読み書き」へのアプローチの違い♪長女の場合と長男の場合 その1

の続きです。


長女は、良く言うと自発的な子。


自発的に取り組んでいるときは、高性能なCPUを搭載したパソコンのように、吸収と表現の速度と量に圧倒されます。


しかし、すべてに対して積極的ではなく、

自分がやりたいと思ったこと以外はどちらかというとなんでも挑戦するタイプではなくむしろ消極的。

動画も新しいお話ものなんかは見たがらないし、習い事もあまり興味がありません。

なので、自分から発したことではない場合であまりやりたくないなということには「理由」を求めます。

「なんでこれをするの?」


嫌な場合もしっかりと断ります。

そして、最近は、自分の行動に関してもちゃんと理由をつけたがる傾向にあります。


3歳ぐらいまでは動画や絵本なども割となんでも素直に楽しんでくれてたんですが、

4歳になると、好き嫌いもはっきりしてきましたし、

チャンディが取り組んでほしいことがあっても、自分で「やりたいこと」を持っているんです。 


自分で取り組んでいる遊びや工作、読書などは、超真剣な顔でのめりこんでいるので、こちらからは特に何も言えません。

そんな彼女に

理由もなく「やってみよう!」「読んでみよう!」「書いてみよう!」と何かをするようなアプローチは難しく。。。

何かをさせるというのがとても難しい子です。 

こちらが何か取り組んでほしいことがあったとしても

「なんでそれをやったほうがいいのか?」という理由を聴いて納得し、

自分にとってプラスになると判断すれば取り組むこともありますが、

その理由をチャンディがちゃんと説明できない場合は即断られて終わります。

それに取り組むことで、自分がやりたい時間を削られることもわかっているんですね。

できるだけ、自発的な活動を邪魔したくないけど、

こちらとしても短時間でいいから取り組んで欲しいなぁーと思うこともありました。


だから、英語のReadingに関しては、日本語の本をちゃんと自分で読めてから

日本語の図鑑を読んでいた長女に

「図鑑面白いよね~~。物知りになれて、いろんなことが知れて面白いよね。


英語の図鑑もきれいな写真がす沢山あって楽しいよ~。


世界には、沢山の本があって、ほとんどのものが英語のものなの。


日本語は話す人が少ないから、英語の本に比べてほんの少ししかないんだよ。


〇〇ちゃんは、英語がわかるし、話せるし、あと、読めるようになったら


日本語の本から以外にも沢山のことを知ることができるし、


英語の面白いお話も沢山楽しめるし、もっと物知りになれるよ!

特に生き物関係なら、日本語の本よりも英語の本のほうが多いよ。」




とちゃんと「英語を読むこと」に関して取り組んだほうが良い理由を説明して、

わかるようになってから

オンライン英会話の先生と取り組んでもらいました。

だから、日本語の本が読めている、楽しんでいるという素地がなければ勧めるのは難しかったです。



さらに、Writingに関しては、小学校に入るまで日本語でさえも「書く」ことが得意ではなかった長女。

幼稚園時代はワーク類は全く勧めることはできませんでした。

日本語、英語を含め家庭学習はほとんどしておりません(汗)。

(過去記事 我が家が英語絵本の読み聞かせ、多読やワークにあまり力を入れていない理由


ただ、日本語に関しては、ちゃんと授業も理解していたようですし、宿題はちゃんと取り組んでいましたし、

苦手だった計算カードは何度も練習して、徐々にタイムを縮めていきました。

成績も思っていたより良かったです。

英語に関しては、一応幼稚園でワークに取り組んだり、

1年生の夏に軽くアルファベットを書けるように少しだけ練習しましたが、ほんの少しだけ。

YouTube動画紹介 超楽ちん♪アルファベットの書き方を英語でわかりやすく教えてくれる♪ Singing walrus ワークシートダウンロード付き!やっと始めた長女のWriting

しかし、1年の小学校生活を通じて、書くことも勉強もそこまで苦手ではなくなってきました。




小学生にもなると、彼女は自由時間に絵や工作品だけでなく、レポート?のようなものを作るんですが、

そういったものを作るときにも日本語を書いたりしています。

なので、英語でもかけたほうが楽しいよ!と

ちゃんと理由を説明したら、

すんなり納得してくれました。

多分、オンライン英会話の先生との創作時間の中で、英語で書けた方がいいなと思うこともあったと思うんです。

だから、すんなり行ったんだと思います。

そして、最近、ワークの取り組みを少しずつ始めてます。

Writingに関しても得意ではないことには消極的な故、

日本語を書くこと、国語の勉強ができる、自主的に日本語を書くという素地がなければ勧められませんでした


このように、苦手なことに対して消極的ではありますが、ちゃんと学習の目的や利点を説明すると、

理解して取り組んでくれる年齢になってきたんだなと思います。

ただ、「読む内容」「取り組むワーク」はどんなものでもOKではないところが

まだまだ「自分がやりたいようにしたい」という彼女の個性をあらわしていますけど(汗)。


ということで、長女のWritingについてもまた記事にしたいです。


さて、長男に関してですが、まだ英語の読み書きは取り組んでおりませんが、

日本語の読み書きは少し始まっています。 

見事に、長女とは全く違う始まり方です(笑)。

続きは次回に♪



続きを読む

ryuhina at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)